はちみつに賞味期限はあるの?

紅茶やコーヒー、ホットケーキや料理の調味料として使用する「はちみつ」ですが、「腐ることは無いので、昔の物でも食べられる」という噂を聞いたことがあるかもしれません。
なかには、そんなわけないと思っている方もおられるかもしれませんが、この噂は「ほぼ合っている」といえます。
もちろん、はちみつにも賞味期限は存在しますが、食品全般と比較するとその期間は長く設定されており、一般的には2年~3年に設定されていることが多いです。

しかし、はちみつというのは基本的に腐らない食品のため、100年、200年前の物でも食べることが出来るのです。
これは、はちみつ自体が強い殺菌力を持っている事と、水分が少ないため細菌が繁殖しづらいという特徴があるからです。

実際に、3000年前のはちみつが発見された時に調べた結果、成分自体には何の変化もなかったことがニュースで報じられた事もあります。

このように、はちみつは腐る可能性が少ないのにもかかわらず、賞味期限が設定されているのには理由があります。
まずは、他の食品と同様に法律上、賞味期限の設定が義務付けられているからです。

また、はちみつの中でも加工物が入っている物、適切な方法で保存していない物は、腐ってしまう可能性もあります。
そのため、賞味期限を設定しているのです。
実際に賞味期限が切れている物でも、加工物が含まれていない天然の物で、適切に保存をしていたものなら問題が無く食べることが出来ます。
ただし、腐る事はありませんが、時が経つにつれて風味が少しずつ落ちて行ってしまいます。

投稿日:

Copyright© マヌカハニーの教科書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.