マヌカハニーと蜂蜜の違い

 
マヌカハニーには他の蜂蜜にない特徴があって身体にいいと聞きますが、マヌカハニーは一般的に売られている蜂蜜とどこが違うのでしょうか。

 

マヌカというのはニュージーランドに自生しているフトモモ科の低木で、英語ではTea Treeと呼ばれています。

 

ニュージーランドの先住民族のマオリ族はマヌカの木を復活・癒しの木と呼んで薬草として大切にし、外傷や病気の治療や健康増進に利用してきました。

 

マヌカの木は11月から12月に約1ヶ月間くらい白やピンクの花が咲かせるのですが、その花の蜜だけから作られた貴重な蜂蜜が、マヌカハニーと呼ばれているのです。

 

もともと蜂蜜には疲労回復や整腸作用、殺菌や沈静の効果があり、世界中で身体にいい食品として親しまれ愛されていますが、中でもマヌカハニーには、他の蜂蜜には無い特別な殺菌や抗菌効果があることで知られ、日本でも人気が高まってきています。

 

マヌカの花の蜜だけで作られるマヌカハニーには蜂蜜の中でただひとつ、メチルグリオキサールという抗菌活性成分が含まれています。

 

このためマヌカハニーは一般的な蜂蜜に比べて8倍もの抗菌活性力を持っていて、腸の中にある大腸菌やピロリ菌、サルモネラ菌などの悪玉菌の働きを抑制して高い殺菌効果を発揮し、感染症の治療に役立ってくれるのです。

 

中でもピロリ菌は日本人の半数近くが感染しているといわれ胃潰瘍や胃がんの原因になることもありますが、マヌカハニーにはピロリ菌を殺菌し乳酸菌などの善玉菌の働きをサポートしてくれる働きがあります。

 

蜂蜜を食べるだけで悪玉菌を殺菌することができるのというのは、薬などとちがって副作用の心配も無いので安心ですよね。

 

この他にもマヌカハニーは、風邪の予防や喉の痛み、口内炎の治療などにも役立つと言われています。