未分類

マヌカハニーの品質を知ることができるブランドマークについて

投稿日:

マヌカハニーを購入する時に必ずチェックしなければいけないのは、ブランドマークと抗菌力です。

値段が安いからと購入して、実は全く効果のないマヌカハニーだったということもあるかもしれません。

そんなことにならないように、マヌカハニーのブランドマークについてくわしく調べてみましょう。

今さら聞けないマヌカハニーの効果と人気マヌカハニーを紹介!

 

ブランドマークのパイオニアであるUMF

今現在、日本で販売されているマヌカハニーのブランドマークで、みなさんがよく目にするのはUMFやMGOだと思います。

UMFはマヌカハニーの抗菌活性力を表すために作られたブランドマークです。

当時は、まだマヌカハニーの特別な抗菌力について詳細がわかっておらず、マヌカハニー独自の要素とされていました。

その言葉を意味するユニーク・マヌカ・ファクターの頭文字をとって、UMFと名付けられたそうです。

消毒薬のフェノールの同等の濃度で、マヌカハニーの抗菌活性成分が同様に抗菌作用があることを示しています。

例えば、UMF10+のマヌカハニーなら、10パーセントのフェノールと同じ殺菌力があるということです。

医療機関で使われているフェノールの濃度は、一般的に5パーセントくらいだというので、UMF20+のマヌカハニーの殺菌力のすごさがわかると思います。

このブランドマークは、UMFはちみつ協会の会員メーカーのみが使うことができ、偽装の有無や品質についてもしっかり市場で管理されています。

マヌカハニーはどこで買えるの?安心できる購入方法

 

よりわかりやすく表記されたMGO

マヌカハニーの独自の要素、ユニーク・マヌカ・ファクターが食品メチルグリオキサールであることが分かって、できたブランドマークがMGOです。

これは、1キログラムのマヌカハニーに含まれている食品メチルグリオキサールの量を表すブランドマークです。

例えば、MGO100+のマヌカハニーなら、1キログラムあたり100ミリグラムの食品メチルグリオキサールを含んでいるということになります。

抗菌活性力の表記については、こちらのブランドマークの方がわかりやすいと人気があります。

また、MGOはUMFよりも検査方法の正確性が高いといわれています。

食品メチルグリオキサールをキノキサリンに変換して分析をする検査方法を採用することで、含有量の測定に誤差が生じにくいそうです。

このブランドマークは、ニュージーランドのマヌカヘルス社の商標登録なので、他のメーカーは使用することができません。

その他、UMFと同じ検査方法を採用しているNPA、トータルアクティビティ検査を採用しているTAがあります。

マヌカハニーを食べるなら注意しておきたい副作用やアレルギー

 

最も新しいブランドマークMGS

そして今、ニュージーランド政府が認可している規格で、最も新しいブランドマークがMGSです。

これは、マヌカハニー研究の第一人者として知られているピーター・モラン博士が、UMFを脱退して新たに作ったブランドマークです。

MGSもUMFやNPAと同じように、フェノールの濃度と同じ抗菌力を示す表記にしています。

MGSの規格基準は、MGO含有量、ジヒドロキシアセトン含有量、ヒドロキシメチルフルフラール含有量など5つの規格をクリアする必要があります。

しかし、会員になる必要はなく、規格検査に合格すればMGSのブランドマークを使用することができるので、とても開かれた規格のようです。

MGSのボトルにはバッチナンバーが記載されていて、ニュージーランドのどの地域で採れたはちみつなのかが追跡できるというので、とても信頼できるブランドですね。

マヌカハニーはどう食べたら良いの?コツと注意点について

 

まとめ

現在世界中では、ニュージーランドでの生産量をはるかに超える量のマヌカハニーが販売されています。

それはつまり、市場にでているほとんどのマヌカハニーが偽物であるということです。

もともとマヌカハニーは希少なはちみつで、医療効果を実感できるものはさらに貴重なものだといえるでしょう。

偽物の粗悪品を購入しないように、ブランドマークの意味をしっかり理解してチェックしましょう。

きちんと検査を通っていることが大前提で、その上で自分好みのマヌカハニーを見つけることをおすすめします。

  • この記事を書いた人

マヌカハニーの教科書

マヌカハニーの教科書では、マヌカハニーの効果や選び方、おすすめの食べ方などを紹介しています。

-未分類

Copyright© マヌカハニーの教科書 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.