スポンサードリンク

Tips

マヌカハニーの効果を引き出す正しい保存方法と食べ方

投稿日:

マヌカハニーと呼ばれるはちみつがあります。

ニュージーランドにのみ生息するマヌカの木から採取されるはちみつです。

このマヌカハニーには様々な効能があり、例えば、胃腸疾患の改善、風邪やインフルエンザの予防、虫歯や口内炎の予防、食欲不振や消化不良の改善、切り傷や炎症を和らげるなどの効果が期待できます。

このように強力な効能をもたらしてくれるマヌカハニーですが、保存方法と食べ方を間違えると、せっかくの威力が半減してしまうので注意が必要です。

 

マヌカハニーの正しい保存方法

それは常温で保存することです。

15度以下の温度で冷蔵保存してしまうと、結晶化して普通のはちみつに変化してしまうからです。

そして結晶化した状態を元に戻そうとして加熱すると、ビタミン類やミネラル類が消失してしまうのです。

これではせっかくのマヌカハニーが台無しになってしまいます。

ですからマヌカハニーは常温で保存するように心がけましょう。

 

マヌカハニーを食べる際にも注意すべき点

まず、金属のスプーンを使わないこと。

金属のスプーンを使うとマヌカハニーの活性力が弱まってしまう可能性があるからです。

マヌカハニーを食べる時には、木のスプーンやハニーディップなどを使用するようにしましょう。

また、濡れたスプーンを使うことも控えてください。

ハチミツの中に水が混ざりこみ、はちみつの酵母と混ざって発酵をし始める可能性があるからです。

 

ではマヌカハニーを食べる最適なタイミング

空腹時に1回あたり5ml~15mlのマヌカハニーを1日3回ほど直接食べるのがもっとも効果的な食べ方。

空腹時に食べても成分が胃酸の影響を受けることはなく、胃の中でピロリ菌を除菌し、腸の中では善玉菌の餌となり腸内環境を整えてくれます。

 

今や単なる調味料としてではなくスーパーフードとしても注目を集めるマヌカハニー。

今回紹介した方法で、その効能を十二分に発揮させましょう。

  • この記事を書いた人

マヌカハニーの教科書

マヌカハニーの教科書では、マヌカハニーの効果や選び方、おすすめの食べ方などを紹介しています。

-Tips

Copyright© マヌカハニーの教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.