スポンサードリンク

Tips

マヌカハニーの栄養素と効能について

投稿日:

マヌカハニーは、はちみつの一種で、ニュージーランドに自生するフトモモ科の低木であるマヌカと言う植物の花から採れるはちみつを指します。

このマヌカの木は、数メートルの高さの木で、春から夏にかけて、白やピンクの花を咲かせるそうで、この花蜜を木の名前を冠して、そのように呼ばれているのです。

はちみつは栄養価の高いものとして、世界中で愛用されていますが、そんな中でもこのマヌカハニーは栄養価が高く様々な効能が期待できると、近年注目を浴びているのです。

 

その栄養分としては、ビタミン類、ミネラル類、酵素類に加え、マヌカハニー特有の成分としてメチルグリオキサールが含まれています。

このメチルグリオキサールがマヌカハニーの命とも言える栄養分なのです。

マヌカハニーを選ぶ際には、一般のはちみつと混合されておらず、メチルグリオキサールの含有量が600mg以上含まれている活性度の高いものを選ぶべきとされています。

高価ですが、その分効能が期待できるのです。

 

こうした本物のマヌカハニーには特有成分であるメチルグリオキサールの含有量測定試験分析書である検査証明書が付いており、こうしたものを選ぶと良いでしょう。

このマヌカハニーに含有するメチルグリオキサールは強い殺菌効果を有し、胃がんの原因であるピロリ菌の殺菌効果や免疫力を高める効果があると言われています。

 

このマヌカハニーは空腹時に、1回当たり5ml~15mlを1日3~4回、食べる事で胃酸の影響を受けずに、胃や腸に届き、最も効果を発揮すると言われています。

胃の中ではピロリ菌の除菌を行い、腸に到達すれば善玉菌の餌となるため、腸内環境を整えてくれる効果がもたらされます。

また殺菌力が強い事から、就寝直前に歯磨きの後に上歯茎に塗ったり、歯磨き粉代わりとして歯を磨く事で虫歯予防になるとの報告もあるほどです。

甘いものは虫歯になり易いと言われており、甘いはちみつが虫歯予防にあると言うのは少し信じがたい事ですが、マヌカハニーはそれほど殺菌力が強いと言う事の証左と言えるでしょう。

  • この記事を書いた人

マヌカハニーの教科書

マヌカハニーの教科書では、マヌカハニーの効果や選び方、おすすめの食べ方などを紹介しています。

-Tips

Copyright© マヌカハニーの教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.